キャンプ

青森県のふもとっぱら岩木青少年スポーツセンターキャンプ場にいってきた 

先月友人たちとキャンプをしに行きました。

その際選んだキャンプ場が岩木青少年スポーツセンターです。

ここ、冬はクロスカントリースキーのコースにもなっており

めちゃめちゃ広いです。(´・ω・`)

第3キャンプ場まであり一応トイレ、炊事場もついてますが

トイレは結構古いので、受付がある所のトイレを使用してました(^o^)。

というわけで、今更ですが先月行きましたキャンプレビューをしていきますね。(一応道具紹介もありますのでお付き合いください)

青森県の無料キャンプ場に偵察しに行ってみた(芦野公園)その1青森県の無料キャンプ場、芦野(あしの)公園オートキャンプ場に行ってみた どうも、おっさんペンギンです 久しぶりにキャンプ場レビュ...
ケシュアの格安10Lリュックが使いやすすぎる件ケシュアハイキング バックパック NH 100 10Lが使いやすい件 どうも、おっさんペンギンです。 去年から、おっさんがキャン...

 

岩木青少年スポーツセンターは有料です。

さて、気になる利用料について、ですが

ここでは、キャンプ場利用の料金についてにしておきますね。

料金は

キャンプ場の利用

日帰り利用 150円

宿泊利用

中学生以下 500円

高校生以上 1000円

テント貸出 1080円

ドラムコンロ 700円となっております

になります。

ちなみに、これホームページに記載されているのですが

何故か、グーグルで検索するとトップページに来ないので

一応リンクを記載しておきますね

岩木青少年スポーツセンター

しかも、お風呂入り放題です( ̄(工) ̄)

今回は第3キャンプ場を使用しました

サイトは第1キャンプ場から第3キャンプ場まであり

第3キャンプ場は一番奥の、人目にほとんどつかないところにあります。

画像引用岩木青少年スポーツセンター

第3の一番奥ですね

広くて静かです。

友人たちがお昼ころに来てもうキャンプをしてました。

この日のお昼の温度は30度超えてましたからね・・・

やばかったそうです。

おっさんが来た頃には、16時ころで

日が少し傾いてきたので、すこし涼しくなった頃でした。(それでも暑いですがね)

 

新テントの設営とコールマンのタープを借りてみた

ここで、早速設営

今回は以前紹介したバートンの新テントを使用しました。

バートンのビックアグネス  テントを選んだ4つの理由おっさんペンギンのキャンプといえば、テントを使用しております。 そして、そのテント今まではケシュアのものを使っておりましたが ...

無事に設営完了

ケシュアの難しいタープで鍛えられたかいもあり、初見のタープでも

それほど苦労せず、むしろ大きかったので簡単に設営できました。

 

コールマン タープ ヘキサライト2について

お借りしたタープはヘキサライトのツーリングドームカラーです。

タープポールはステンレスで全部つながっているタイプですが

付属のものでも丈夫で固定しやすかったです。

また、ロープも安いタイプだと細いのですが

コールマンのヘキサライト2の物は、フィールドアのロープと比べて

一段回太かったです。(多分5mmくらいフィールドアは4mmくらいの太さ)

ロープが太いとここまで設営しやすくなるんですね~。

ケチらないでこっちを買えばよかった

夕食はアルコールストーブで焼き肉

こちらのソロ焚き火台については前回の記事に記載しております

Amazonプライムデーで購入した中華製のチタン製の焚き火台はいかに前回はフィールドア製の商品になりましたが 今回は中華製の ソロキャンプ用のチタン焚き火台の紹介になります。 なんと、ア...

これにエスビットのアルコールストーブを使用してるのですが

ちゃんと火力調整用の蓋も入れることができるので

アルコールの消費量を抑えてゆっくり食事~~~~まったりまったり(´・ω・`)

オリーブオイルに漬けた豚バラがうまかった・・・

食後はヴァーゴのチタニウムヘキサゴンウッドストーブで焚き火

この日はもう一つ焚き火用のキャンプ道具を持っていったので

ヘキサゴンウッドストーブを使用しました。

ちなみにステンレス製もあります

チタンは確かに軽くて持ち運びに便利ですが

お財布に優しいクラスのものが欲しいひとは、ステンレス製がおすすめです。

焚き火台として使用するのは初めてです(^o^)。

このウッドストーブ発売して数年たってますが

あまり使用してる人を最近は見なくなりましたね。

こいつの一番いいところは燃焼効率が悪いところですね

小さいので燃え尽きるまで時間がかかります。

少量の木材や割り箸で2時間焚き火を楽しめました。

 

DODのコット バッグインベッドをつかってみた

焚き火も終わり

あとは、まったり寝るだけ

今まではケシュアのコットを使ってましたが

今回はコンパクトなDODバッグインベッドを使用しました。

BURTONのテントにすっぽりと入るため

他の荷物は後室に荷物スペースとして置いておき

明日の朝食の準備をして終了~~~~。

朝までぐっすり寝れました。

コットを使うと全然違いますね~ゆっくりねれます。

青森県のふもっとっぱらと呼ばれてた

ユーチューブを視聴していると

青森や他県のキャンパーガーが宿泊を結構しておりました。

中には青森のふもとっぱらと呼ばれる方も

使用しているコチラとしては、人が増えるとにぎやかになって

嬉しいですね~。

これからもどんどんキャンプをする方が増えることを望みます(^o^)。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくおねがいします。