キャンプ道具

アウトドア初心者の自分がテントを購入するまで考えた3つのこと

アウトドア初心者の自分がテントを購入するまでに考えた3つのこと

 

 

目次

  • お手頃価格で購入できることで有名な、デカトロンというフランス製のテントやタープを見てみた。
  • ドーム型テント(全室なし)やドーム型テント?(前室あり)と比べてみた。
  • ポップアップテントと従来型のポールを使って組み立てるタイプの2パターンを収納も考えて購入してみた。
  • 終わりに

1.お手頃価格で購入できることで有名な、デカトロンというフランス製のテントを見てみた

アウトドアブランドやスポーツ系のブランドに疎い、私がAmazonなどで有名どころ(コールマン、mont-bell、snowpeak、ユニフレーム等)値段をみて結構ドン引きしたものです。

 

た、高い

 

で、でもキャンプがしたい、ということでどうしても道具がほしい私は、少し前にワークマンを検索した際でてきたサイト、デカトロンというものにいきつきました。

 

いろいろ調べたところ、フランスのスポーツブランドとのことで、サイトに行きテントを検索して出会ったのがこのテント

QUECHUA (ケシュア) キャンプ テント ARPENAZ FRESH&BLACK – 3人用

 

全室なしのドーム型テントですが、なんとお値段 6490円(税込み)(送料無料)

 

Amazonで中華製の格安テントを購入するよりも頑丈ですし、このテント、中が日中でも

すごい暗いのでぐっすり寝れます。

 

しかも、メーカー保証2年つきですので、Amazonの格安中華製テントで失敗した方、一度こちらのテントを試してみてはどうでしょうか?

 

 

2.ドーム型テント(全室なし)やドーム型テント(前室あり)と比べてみた。

中華製のテントを購入した友人が次にAmazonで購入したのがこちらのテントになります。

 

コールマン テント ツーリングドーム/LX [2~3人用] 

 

友人が使用しているテントの紹介になりますが、前室あり

コールマン ツーリングドーム/LX (2~3人用)

この記事を書いている7月では

お値段 19800円(税込み) 送料無料

 

になりますが、実はこのテントAmazonの付属品をみると、ポールがついてないんですよね

 

なので、別途ご購入ください

ケシュアのドーム型テントの約3倍になります(´・ω・`)

んで使い心地ですが

ツーリングドーム LX 就寝部屋 のみの寸法

約210×180 引用 Amazon

 

QUECHUA (ケシュア) キャンプ テント ARPENAZ FRESH&BLACK – 3人用

寸法

約200✕190 引用 Decathlon

 

若干コールマンのほうが狭いですが、ほとんど気になるレベルと言うか・・・・わからないレベルです。

使用してても、わかりませんね。

前室があるぶん広く感じますし、荷物置き場にも困りません。

ケシュアのドーム型テントは前室がないので、荷物を車に置くか、タープを張る必要があります。

(タープについては後日記事にします。)

夜になるとテント内に明かりを点灯させるのですが、コールマン ツーリングドームは明かりをつけているのが丸見えになってしまいますね。

あんまり明るいLEDランプを付けると、テントからすごい量の明かりがもれてて、ちょっと恥ずかしいですね~。

 

それに比べてケシュアドーム型テントは同じLEDランプを付けてもほとんど、漏れていません

換気穴から若干明かりが漏れます。

 

ただ、そのかわり日中でもテントの中は暗いですので、ランプが必要です。

 

3.ポップアップテントと従来型のポールを使って組み立てるタイプの2パターンを収納も考えて購入してみた。

次に私が購入を考えてみたのが、このポップアップテントでした。

2人用と3人ようが、ありますが、大きさ的に余裕が欲しかったので3人用を検討しました。

QUECHUA (ケシュア) キャンプ ポップアップテント 2 SECONDS FRESH & BLACK – 3人用

画像引用 公式サイトDecathlon

 

この3人用のポップアップテント

お値段 12900円(税込み)送料無料

まあ、これも倍近い値段がする上に、おもった程広くなさそうですし

 

なにより、一番はじめのテントは分解してたたむのが欲しかったんです(´・ω・`)

 

ではなんで、これも検討に入ったのかというと

見た目がすごいかっこいい

 

いや~。見た目って大切だと思うんですよ。わかっちゃ~いるんですが

 

格好がいいの、ほしいじゃないですが

あまり持ってる人が、いなさそうな形ですし、魅力的でした。

 

次に買うテントの候補の一つでもあります。

キャンプして、わかったのですが、結構テントの中で雑誌見てるので

 

このテント雑誌の収納場所も、あっちゃったりします。

画像引用 公式サイト Decathlon

こんなかんじで雑誌、他細かい収納もできるんです。

 

この機能が地味に便利でテント内の整理整頓に役立つんですよ~

 

いまは、BOXなんかをテント内に入れてそこに収納してますが、めんどくさいんですよね~。

これなら、どこにあるかすぐに分かるし、テント内も散らからないと思うんですよ。

なので次回購入する、テントはこういう機能を持ってるものにする予定です(^^)

4.終わりに

 

いかがでしたでしょうか、友人と同じテントを購入することも考えたのですが

いかんせん自分には金銭的余裕がなく、それでもテントがしたかったので

最終的にケシュアのドーム型テント

QUECHUA (ケシュア) キャンプ テント ARPENAZ FRESH&BLACK – 3人用

 

こいつにしました。

上にも記述したとおり、一番はじめは、分解して収納するタイプがほしかったんです。

全室もなく、ベーシックなタイプですが

これに何を買い足そうかと考えるのも楽しいんですよ。

 

なんか、買ったものに対して何が足りないかと考えるのがすきなんです。

 

キャンプレビューや道具レビューも記事にしていくので今後共よろしくお願いします。